ネットワーク見える化とは

事業拡大に伴い複数のネットワークが複雑に組み合わさっている、事業統合により各社のネットワークを一元管理しなくてはならない、システム担当者がおらず内容がわからない等様々な理由により、今のネットワークの構成を把握する為の、見える化が必要となります。昨今ではシステム運用業務の効率化の為にも、対象となるシステムに存在しているノードを、その設定情報やインストールされているOS・プログラムの更新状況などを含めて管理する必要があります。
誰が見ても必要な情報にすぐにたどり着けるように管理すること、情報を一元的に管理して関係者間での共有を可能にすることが必要となります。しかし現在のネットワークは複雑で手作業の管理はほとんど不可能です。

ネットワーク調査、
システム調査の重要性

見える化のためにネットワークやシステムの調査を行うことによって得られるメリットは多くあります。
1)障害時に迅速に対応できるようになる
2)ネットワークダウンなどのトラブルが起こった際、影響範囲がすぐに把握できる
3)脆弱性が発見されたときに全ての機器を確認する必要がない
4)監査などの時期に慌てて調査をしなくてよい
調査によって「見える化」された状態が作られれば、業務の効率化にも繋がります。

見える化を実現するツール

Sonarは、ネットワークを見える化するのに最適なツールです。クライアントPCを管理するツールは多くありますが、そのほとんどがエージェントをインストールするタイプです。その上、PCは管理できてもサーバやネットワーク機器を管理することはできません。
また、エージェントをインストールしていない機器は管理できないため、それがセキュリティの脅威に繋がる可能性もあります。
Sonarはエージェントレスでネットワーク内の機器を自動収集し、クライアントPC、サーバ、ネットワーク機器、アプリケーションまで一括管理でき、オンプレ・クラウドにまたがったネットワーク情報も一元管理できます。

Kompira cloudで、運用
自動化をはじめてみませんか。