どうしていますか?
IT資産管理

IT資産管理をシステマティックに行っている企業はまだまだ少数です。多くの企業が以下のような悩みをもち、毎年手作業で管理を行っています。

IT資産管理の困りごと
●資産一覧の作成はエクセルの手作業のため、毎年たいへんな工数がかかる
●頻度が多くないため、専任の担当者がつけられない
●資産管理サービスはエージェントをインストールするタイプが多く、準備が面倒
●エージェントタイプのサービスは勝手に繋げているPCまで管理できない
●クライアントPCの管理はできても、サーバやNW機器の管理ができるサービスがない

Sonarの利用シーン1
企業のIT資産管理

IT資産が沢山増えてくると、人手で管理するのが難しくなります。そこを解決するためにIT資産管理ツールが登場しました。ツールのほとんどは、エージェントを対象のPCに入れることで情報を収集し一元管理します。エージェントによりPCの詳細情報が取得できるため、ファイルの移動やコピーなどユーザーの行動も把握でき、セキュリティ対策にも使えるツールもあります。
しかし、エージェントを入れていないと使えないため、NW機器やプリンターなどエージェントが入らない機器や、エージェントが入っていないPCは管理できません。その課題は、エージェントレスで管理できるKompira cloud Sonarを合わせて利用することで、NW機器やプリンターなどエージェントが入らない機器や、エージェントが入っていないPCの管理までできるようになります。

SonarでIT資産の
管理をするメリット

Sonarは、できるだけ簡単に、自動でIT資産管理ができるよう開発されたクラウドサービスです。Sonarを利用したIT資産管理には、 以下のメリットがあります。

Sonarのメリット
●1台1台にエージェントをインストールする必要がない。IPリーチャブルなら、ネットワーク内の1台にモジュールをインストールするだけ
●スキャンボタンを押すだけで、ネットワーク内のIT資産情報を自動収集する
●ネットワーク内のスキャンはスケジューリングが可能なため、定期スキャンによる情報の最新状態を保つことができる
●クライアントタイプの資産管理サービスでは管理できないサーバや、ネットワーク機器を管理できる
●専任の担当者がいなくても、関係者間で情報の共有が可能
●オンプレとクラウドを一元管理できる
●他のIT資産管理ツールとの連携も可能なため、現在の情報を併せて活用できる。

Sonarの仕組みと
取得できる情報

Sonarの情報取得の仕組みと取得できる情報は以下を参照して下さい。

Kompira cloudで、運用
自動化をはじめてみませんか。