よくある質問

Kompira cloudを利用するために必要なものは何ですか?
まずはスペース作成フォームから、あなたの「スペース」を作成して下さい。スペースは、あなたが作業を行う場所です。この中で収集した情報を管理します。
スペースを作成するためには、任意のスペース名とメールアドレスが必要です。スペース名は、一度作成すると変更できません。
エージェントをインストールする必要はありますか?
Kompira cloudの構成管理サービス「Sonar」は、最低一台のサーバに「ksocket(情報収集用のモジュール)」をインストールする必要があります。ksocketは情報収集先の「アカウント情報(SSH/WinRM/SNMP)」を設定するだけで準備完了です。
ksocketをインストールするサーバの要件を教えて下さい。
ksocketをインストールするサーバのサポート対象OSは「Red Hat Enterprise Linux 6, 7」「CentOS 6, 7」「Ubuntu 16.04, 18.04」です。
推奨ハードウェア構成はCPU: 1GHz以上、メモリ: 1GB以上、HDD: 20GB以上です。
無料トライアル期間にはどんなことができますか?
無料トライアル期間中はKompira cloudの全ての機能がご利用いただけます。1ヵ月の体験終了後も引き続きご利用になる場合は、別途本契約お申込が必要になります。本契約は、本お申込フォームからお申込下さい。
構成情報を収集できる範囲に制限はありますか?
IPリーチャブルであれば、範囲に制限なく構成情報を収集することができます。逆に収集する範囲を絞りたいときは、範囲指定ができる設定画面に必要な情報を入力することで指定が可能です。
詳しくはスキャンオプションの詳細をご覧ください。
サービスごとのネットワーク構成は管理はできますか?
Kompira cloudの構成管理サービス「Sonar」は、スペースの中に複数のネットワークを設定することが可能です。ネットワーク設定数に制限はありませんので、サービスごとや管理者ごとなど、自由な基準で構成情報を管理することができます。
Sonarで収集できる対象を教えて下さい。
サーバ、ストレージ、クライアントPC、ルータ、スイッチ、ロードバランサーなどのネットワーク機器、プリンタなどが取得できます。各対象から取得できる情報についてはSonarの構成情報取得の仕組みをご参照下さい。
Kompira cloudとksocketの間には通信が必要ですか?
ksocketをインストールするサーバはインターネット通信が出来る必要があります。Websocketで通信しますので、443のアウトバウンドは解放して頂く必要があります。
インスタンスを再作成したら別のノードになりますか?
シリアル番号で同一性を判定しますので、シリアル番号が同じであれば同じノードとして判別されます。IPアドレスやホスト名が変わっても、シリアル番号の一意性で追従できるようになっています。
ノードを検索したい場合は、ネットワークごとになりますか?
Sonarでは、ネットワークを横断した検索が可能です。AND検索、OR検索、対象を含まないものの検索、掛け合わせ検索などが可能です。
ノード数はどのように計算されますか?
ksocketがIPアドレスごとに情報を取得した後、弊社独自の集約方法で同一性が確認できるノード情報を集約します。この集約された後のノードを1ノードとカウントとして計算しています。
機器を撤去した場合、ノード一覧から削除されますか?
たまたま電源が落ちていたり、スキャン時の条件が理由で本当は存在するのに取得できないケースがあるため、Sonarではノードの自動削除は行いません。その代わり、長い期間スキャンされていないノードは「!」アイコンを表示します。一覧から削除したい場合は、編集画面から手動削除ができるようになっています。
プロキシサーバの経由は可能ですか?
ksocketをインストールした機器からインターネットに接続するためにプロキシサーバを経由する必要がある場合は、専用モジュール「ksbridge」を設定する必要があります。ksbridgeをダウンロードし、マニュアルに従って設定を行って下さい。ksbridgeとマニュアルのダウンロード

Kompira cloudで、運用
自動化をはじめてみませんか。