Pigeonは電話連絡を自動化するクラウドサービスです。

Pigeonはサービスごとに連絡フローを登録でき、一人目が一定時間応答しない場合は次の担当者にコールします。
応答時のメッセージやアクションごとのメッセージなどが自由に登録でき、
番号のプッシュで対応を完了させたり、次の担当者に連絡を回すことができます。

Pigeonの機能

電話通知のフローを
サービスごとに登録できます。

Pigeonでは、電話通知のフローを自由に作成することが可能です。電話の順番、電話番号、ループ回数などをフローごとに設定できるようになっています。 作成数に制限はありませんので、サービスや現象ごとに細かい設定が可能です。

番号ごとに
動作の割り当てができます。

電話のプッシュ番号ごとに「コールフロー終了」「コールフロー継続」「コールフロー離脱」を設定できます。 例えば電話の1番には「コールフローの終了」、2番には「架電の継続」、3番には「自分が離脱する」など、番号ごとに動作の割当設定ができます。

コールの段階ごとに、
音声テンプレートが設定できます

初回のコール時からその後のプッシュ番号ごとに、音声テンプレートが登録できます。初回のメッセージには通知の概要を「{{server}} にて {{incident}} を検出しました。対応される場合は1を、次の担当者に連絡する場合は2を、この連絡をスキップする場合は9を押してください。」などのように入力し、9番には「9が押されました。以降この連絡をスキップします。」と、番号の役割を入力することが可能です。

誰に繋がって誰が最終対応をしたのか、
履歴が確認できます。

コールから対応完了までの一連の履歴を記録できます。どのようなインシデントに、誰がどのように対応したのか。「連絡開始日時」「ループ回数」「フロー終了理由」「対応者」など、一連の情報が記録されるため、対応の状況が簡単に把握できます。

Kompira cloudで、運用
自動化をはじめてみませんか。