自動電話のメリット

システム障害時には早急な対応が必要となりますが、メールやメッセンジャーの通知だけでは気が付かないケースがあり、誰かが気が付くまで電話が欲しいというニーズがあります。Kompira cloud Pigeonは、エスカレーションする人の順番、通知したい音声メッセージを登録するだけで、簡単に自動での電話エスカレーションを実現するサービスです。Zabbix等の監視ツール、ServiceNOWなどのITSMツールなどと簡単に連携できます。

既存の監視システムとの
連携も可能

Pigeonはあらゆるアラートを電話で通知します。既存の監視システムと連携した通知設定ができるため、あらたなシステムを組む必要はありません。 APIリクエストを送信することができるシステムであれば何でも連携ができます。
Zabbixとの連携例は以下でご紹介しています。

Zabbixでアラートが発生したときにPigeonで電話がかかるように設定する

Pigeonの自動電話は
3ステップで設定完了

Pigeonの自動電話通知は、クラウド型のサービスです。一般に電話の音声サービスを利用しようとすると、複雑な設定が必要になるため利用開始までに数週間 ~1か月ほどの時間を要しますが、Pigeonなら即日から自動化が可能です。

Pigeon利用の3ステップ
Step1)アカウント作成
サービス利用のためのアカウントを開設していただきます。アカウント開設の所要時間は数分程です。
Step2)連絡先電話番号の登録
連絡先は管理画面から簡単に登録できます。この際に、電話をかける順番や音声メッセージを登録することができます。
Step3)監視システムと連携する
外部監視システムとAPI連携します。

設定は以上で完了です。

Pigeonの仕組みと
機能

Pigeonの詳しい仕組みと機能は以下をご覧ください。

Kompira cloudで、運用
自動化をはじめてみませんか。